エネルギー関連 OR解決事例

日本の電力システムやエネルギー需給の姿は、大きな転換期のただ中にあります。

シーン近年の動き
電気を作る・CO2排出量削減目標のもとで、再生可能エネルギーの導入量が急速に増加
・再生可能エネルギー事業への参入では発電量と出力制御量の予測が難しく、事業性評価が複雑化
電気を送る・変動性と不確定性のある再生可能エネルギーの導入量が増加し、需給運用と系統運用が複雑化
・調整力市場やノンファーム接続、出力制御を含む再給電など、新たな制度および運用方法が開始
電気を貯める・変動性と不確定性のある再生可能エネルギーを有効活用するため、蓄電・蓄エネの役割が増大
・蓄電池と電気自動車 (EV) の技術開発や普及が進み、災害時のエネルギー源確保や再生可能エネルギーのバッファとしての活用が拡大
電気を使う・CO2排出量削減や、災害時のエネルギー源確保に対するニーズの高まり
・デマンドレスポンスの取り組みやアグリゲーター制度の開始

電力・エネルギー分野では技術進展や制度更新も進んでおり、これまでの経験の延長では予測や意思決定が難しい場面も増えています。このような場合はシミュレーションによるシナリオ分析や最適化技術が有用となるケースも多く、構造計画研究所では、科学的・工学的手法を用いて問題解決の支援を行います。 弊社の持つ様々な技術と組み合わせ、広い視点から最適な解決策を提案します。

発電機200台の最適な運転計画を自動作成

国・研究機関によるシステムの検討に貢献 顧客 : 東京大学様 概要 再エネ主電源時代の電力システム検討を支援 日本では、総発電量に占める再生可能エネルギーの比率を引き上げる再エネ主電源化が進められています。 再エネ主電源 […]

Read more
信頼性評価  公益維持のための安定供給を目指した重要施設の電力信頼性評価

お客様の研究とOR部による解決 電力信頼性維持と設備投資・維持費用の最小化を実現したい →  電力ネットワークシステムのシミュレーション評価 災害等により商用電力の使用制限や一時停止となる事 […]

Read more
風力発電所の風車レイアウト最適化

限られた敷地の中で発電量最大となる風車配置を自動作成 顧客 : 風力発電事業者様 概要 日本の複雑な地形や限られた土地条件下では、いかに風況の条件が良い地点に風車を配置できるかが重要となります。当社は風況×OR技術を基に […]

Read more
風力発電所の付帯設備のレイアウト最適化

送電用ケーブルなどの設置費用最小化 顧客 : 風力発電事業者様 概要 風力発電所における付帯設備においてもコスト削減のための検討が重要です。たとえば送電用ケーブルは高額であるため、そのコストを最小化するケーブルの種類、ル […]

Read more